責任者業務に行き詰まり周囲に八つ当たり、もともと適応性の低かった私は多くのスタッフから反感をかい社内から孤立気味に。最終的には自暴自棄に陥ってミスやクレームを連発、逃げるように退職してから始まった約3年間のひきこもりニート生活。気がつけば前職がアパレルの販売員だったことがマボロシ~だったかのように身なりを気にしなくなっていました。穴の空いたパーカーやTシャツを外出先でも着用、サイズのあっていないデニムはチャック半開きのまま無理矢理はきたおし、見るからにボロボロとなったジャージで近所を徘徊し、下着のパンツは裂けている始末。

ただ当時はもう本当にどうでもよくなっていた。人の視線は気になる。リアクションを見ては凹みもする。けれども何を身に付けようがもうどうでもよかった。


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 就職バイトブログ ニートの就職・就職活動へ
にほんブログ村


今夏の終わりからアルバイトを始め、9月にはサポートステーションの訪問がスタート。今月初旬にはオフ会に参加させていただき、同時期にハローワークにも通い始めた。その結果、少しずつ身なりを気にするようになってきた。もちろんいい意味で。お金がないから買い物はあまりできないけれど、ボロボロに裂けたジャージやパンツは順次捨ててシンプルなものを買い直したよ。体重も少しばかり落ちてきた。これから始まるであろう就職活動において見た目の清潔感は大切だし、日頃から最低限で構わないので自分の身なりに気を配れるようにしておけないてね。前職の名残か、たまに外出する際の身なりはなんとなく装えても普段が汚い身なりだとそれも続かないし、何よりもいつかボロがでるから。

先日のサポートステーションでの気づきと一緒だと思った。最低限のマナーやルールを守れれば過剰になる必要はない。歯を磨き顔を洗い髭を剃り髪を整える。鼻毛などのチェックを行い、清潔な衣服を身にまとう。決して過剰にお洒落になる必要はないのだ。お洒落することが趣味でもない限り。



ニート日記ランキングへ