アルバイトの去就について。


もともといじめられやすいタイプであり、俗に言うコミュ障である私が半ひきこもり状態から3年ぶりに働き始めて約2ヶ月。緊張しやすく口下手なおじさんの社会復帰です。大変残念ではありますが、すんなりいくことはありませんでした…

入店した直後からの週4or5日勤務。ブログでも書きました19才コンビによるエイジハラスメント(笑)。自分の状態を省みず働き続けた結果、疲労やストレスが徐々に蓄積。先々週末の呑み会での出来事をきっかけにそれらが一気に爆発してしまいました。

週が明けて先週の半ばにはホールリーダーへ退職の相談メールを送り、シフト表には「短い間でしたが、ありがとうございました。お世話になりました。」とメッセージを残します。人手不足で困ってしまえぇぇぇ!と、19才コンビがしてきたこととさして変わらない幼稚で傍迷惑なことをやってしまったのが、先週の木曜日。その後、シルバーウィークに突入してしまったこともあり混雑する中でホールリーダーと話す機会をもてず、その間退職について話が一人歩き。気まずい空気を自ら作り出してしまったこともありました。

正直「10代からハブられて悩んでます」「馴染めなくてしんどいです」などといった相談をする32才の自分を想像すると情けなさMAX。なかなか本音を言えずにいましたが、今週に入り意を決してホールリーダーにメールをします。若手メンバー、特に19才コンビとうまくいっていなかったことを打ち明け、あまりの腹立たしさから急な退職を願いでたこと、そして書き残したメッセージによって皆を困惑させてしまったことについては謝罪させていただきました。


にほんブログ村 就職バイトブログ ニートの就職・就職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村


結果、10月に予定されている店舗のメンテナンスによる連休までは辞めない(出勤日数は減らす)ことにしました。退職するAとはもう関わりはなくなります。今後も同僚であり続けるBに関してはホールリーダーさんがシフトを調整してくださるそうです。

このような嫌がらせを受けたとき、世のみなさまはどう対処しているのでしょうか。毎回一喜一憂していたら、何も長続きはしませんよね。改めて自分自身の課題だなと実感しました。