先日の呑み会の話の続き。


【バイト先のホールメンバー】

・ホールリーダー(気のいい主婦バイトさん)
・天然主婦バイトさん(いい人)
・来春から社会人の女子大生(空気読む子)
・19才イケメン専門学生(悪い奴ではないが、A・Bと組むとざわわをシカト)
・19才ダブルワーク女子A(ざわわを毛嫌い)
・19才女子大生B(Aと同じく、ざわわを毛嫌い)


アルバイトを始めてから約2ヶ月、Aとシフトが重なったのはたった2回。一度目は入店して2日目、Bと共に3人で入った。当初からざわわ本人の人見知りなども手伝ってぎこちない時間が過ぎていったのだが、最初からA・B共にざわわに対し「なんかうぜぇ・キモい・めんどくせぇ」などと感じていたらしい。決して私の被害妄想とかではなく、時間が過ぎるにつれ険しくなっていくAの表情や不機嫌になる態度。その日は客入りも悪く暇だったので積極的に仕事を覚えようと質問をしていたのが、何か勘にさわったのか「後は私たちでやるので結構です!」と軽くキレられてしまった。以降は距離を置き、店長に暇であることをアピール。早めにあがらせてもらいその場から逃れる。

しかし、一週間後再びシフトが重なってしまう。この日はホールリーダーの主婦さんと3人。お店も混雑し、今日はAのご機嫌を損なうようなことはないだろうと思っていた。が、結果は違った。当時はまだ入店してから数日。もちろんハンディ(注文を打ち込む手持ちの機械)は使えない。けれど新人とはいえお客様から注文をお願いされることはよくあるわけで、そんなときは手書きでうかがい→他のホールスタッフさんにハンディで打ち込んでもらうといった流れで対応していた。お店が混雑する日はその分注文も多い。それに加えてざわわはド新人。わからないことだらけで質問や手助けを求めることも多くなる。いろいろとお願いすることが続いた結果、Aより「あー本当にめんどい!本当に嫌!!」とのお言葉を頂戴した。

Aばかりに頼んでいたわけではないのだけれど…忙しい中で30過ぎた新人のおじさんからいろいろとお願いされ、腹が立ったんだろう。もともと良い印象を持たれていなかったのは実感していたし、毛嫌いしているおじさんのフォローさせられるのに苛立ったんでしょうね。

翌週からAはしばらくシフトを入れなくなります。数週間後に戻ってきたときには退職することも決まっており、先日の呑み会事件につながるのです。


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 就職バイトブログ ニートの就職・就職活動へ
にほんブログ村


こんな嫌われもののおじさんですが、一つ言わせていただくと、もちろん彼女たちに対して嫌がらせなどは一切していません。もしかしたらこちらが悪気なく失礼な発言をしてしまったことがあったのかもしれない。ただAとシフトが重なったのはたった2日。一緒に働いた時間は10時間にも満たない。そもそも前述した通り、元来の人見知りも手伝って仕事の話以外ほとんどしていない。起こった事実から推測するに、きっと彼女たちの中で生理的に受け付けられない部分があったんだと想う。学生時代によくある「なんとなく」うざい・嫌い・キモいと同じ。そのまま毛嫌いしイジメに発展する…今回はまさにそんな流れ。

学生時代に遭ったイジメよりは露骨なものではなかったけれど、とても屈辱的だったし悲しくて悔しくてならない。ただまたそんな状況を招いてしまう自分が情けなくて腹立たしい。