無職おっさんの悪あがき

30代無職のおっさんが社会復帰を目指すブログ。

2015年10月

ハローワーク訪問初日に申し込みをさせていただいた職業訓練の説明会に先週参加してきました。

当日はハローワークに13:00集合、開始前にまず簡単なアンケートを記入する。記入しながら室内を見渡すと、狭い室内に職業訓練生を募集している3校の担当者が各々ブースを構えていました。ビジネスパソコンの基礎科・介護・技術系だったかな。私はその中からパソコンの基礎講座を行う職業訓練校の説明会を予約していたのでそちらのブースへ。担当者の方と簡単に挨拶をすませたら早速説明会スタート。だいたい1時間くらいでしょうか、訓練の内容から実施期間などを説明していただきました。
やはりビジネスパソコンの基礎を学べる講座ということもあり、就職先として事務系を希望している方がこちらの訓練を受けるケースが多く、受講者は男性よりも女性が多いとのこと。一方で住まいが田舎という点や事務系は女性を採用する企業がほとんどということもあって、受講した男性たちの就職先はほぼ事務系以外。しかし現在多くの業種でパソコンを使用するので、希望する職種に関わらず訓練を受ける価値はあるとのことでした。

私は現在失業手当をいただいている訳でもなく、また共働きの両親と同居しているため給付金の対象からもはずれます。テキスト代と交通費のみ支払えれば無料で講座を受講できるという点だけがメリット(それだけでも大変ありがたいことです。m(__)m)です。けれど、①漠然とではあるが就職先として事務やIT系を考えていること。またその希望する職種に就職した際必要になるであろうパソコンの技術が不足していること。②今までのように気ばかり焦ってろくに検討や相談もせずに決断はしたくない(いつも必ず失敗に終わるので)。ただこちらも漠然と就活しているだけではもったいないので、訓練と並行して行うことで勉強もできるしだれることなく就職活動に挑めるのではないか。と考えました。

今までの自分なら「もう32なんだよ!」と気持ちばかり焦ってろくに検討もせず片っ端から企業に応募→運よく雇っていただいた先がブラック企業であろうとなかろうと自分のようなヘタレには苦行が必要!とドM精神をここぞとばかりに発揮し3~5年程度馬車馬のごとく働いて、最終的に死にかけるか自殺を試みるかして結局失敗に終わり三度無職ひきこもり生活をスタートさせる…きっとこうなっていたことでしょう。


手に職があるわけでも就職先に困らない資格を所持しているわけでも、ましてや実家が裕福なわけでもないので、ここは焦らずいろいろな方の力を借りながら就職にむけて動いたほうがいい方向に進める気がするのです。


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

ニート日記ランキングへ

①主夫業

3年前の夏、共働きの両親の元に舞い戻ってきた穀潰しの息子。せめて家事くらいおやり!とあれからひきこもり兼ニート兼穀潰し兼主夫を担って参りました。主な業務は掃除洗濯犬の世話に夕飯作り、どきどき庭掃除などなどです。祖母が建てた小さな一軒家は至るところにガタがきているし、ここしばらく掃除や手入れをする時間のある者がおらず汚れ放題荒れ放題でした。現在アルバイトをお休み中のため、先週今週と久しぶりに少し丁寧(?)に掃除をしました(と言ってもまだまだ汚れてはおります・汗)。掃除機がけは昨日一昨日とやっていたので、風呂とトイレと玄関を普段より時間をかけて掃除したり、階段の拭き掃除や庭掃除をやりました。他水回りの掃除も終えて、夕方にはスッキリンコでグッタリンコでした。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 就職バイトブログ ニートの就職・就職活動へ
にほんブログ村


②ブログ巡り
月頭に河井さん主催のオフ会に参加させていただいたものの、それからしばらくは参加者の方のブログを流し見る程度しかできなくてガックリンコ。ハローワーク訪問・登録、サポートステーション訪問、職業訓練説明会参加にアルバイトなどなど、合間に家事もこなしてイソガシリンコでした。m(__)m夜時間のできたおっさんは先程までブログ巡回を実施。オフ会同様またいろいろと刺激をもらえました。ありがとうございます。



ニート日記ランキングへ


③ストレッチ
痩せたい…前職末期から暴飲暴食を繰り返し、ひきこもり始めてからはさらに動くこともなくなりグッタリンコでフトッタリンコ。自暴自棄の3年間でしたから自業自得ではありますがオヤジ化が進みました。定番の持ってるジーパン全部入らない!を体験できたものの、ニートには借金はあれど金はなし。新しく服を揃える余裕などございません。アルバイト開始により始まった自転車通勤ダイエットをきっかけに痩せ始めたこの残念ボディを元のさらに残念ボディに戻さないためにも軽くストレッチを開始。32年の歴史において割れた腹どころか引っ込んだ腹すら見たことないけれど、とりあえず平均的ボディを目指しています。


以上、そんなニートの週末でした。(._.)

20代前半まではハローワークなんて一生縁のないところだと思っていました…(._.)

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村


先々週のお話。初めてハローワークを訪問してきました。ズバリ「職業訓練」に興味をもち、通っているサポートステーションの担当スタッフさんから、ならばハローワークで詳細を~と進められたからです。就職先を紹介してくれる人など特にあてもないですから、再就職を目指す上で近いうちに訪問しなければならない場所でした。できれば縁のない人生の方がよかったですけどね(..)

その日は登録だけの予定でしたので、数十分あれば終了するかなと考えていたのですが甘かったですね。そもそも登録用紙に氏名や住所、その他職歴など記入するのに結構時間がかかりました。要領の悪い私はこういうところで時間をかけてしまうんだよな。

記入し終えたら登録確認の面談です。順番がまわってくるまでが約10分。記入事項を口頭で確認しながらパソコンへ入力していただくのに15分程かかりました。ハローワークのスタッフさんにもあたりはずれがあり、差が激しいといろいろなところで見聞きしていたのでちょっと緊張しましたが、初回のスタッフさんは良い方でラッキーでした。あくまで登録事項の確認でしたので何か込み入った話をすることはなかったのですが、毎回同じスタッフさんだったらいいのになぁと。

ここまで登録を終えるまでになんだかんだ1時間程度かかっていたと思います。最後に職業訓練に興味があると伝えていたので専用窓口へ。待たされること10分。別のスタッフさんが対応。パソコンの技術が学べる訓練を希望していたのでそちらを案内していただき、近日行われる説明会の申し込みを済ませて終了。帰路につきましたとさ。



ニート日記ランキングへ


月曜日の昼過ぎ、13:00頃に訪問したのですが予想通りとても混雑していましたね。地方の小さなハローワークなので同じフロアに失業保険の手続きカウンターなどもあり、各窓口の順番待ちで人が溢れていました。見た感じ利用者の方は30~50代にかけてまんべんなくいらっしゃり、3割強が女性でした。またこの日対応していただいたスタッフさんは受付・登録確認・職業訓練紹介ともに印象や対応は悪くなかったです。ときに高圧的なスタッフややる気のないスタッフに当たることもあると聞くなかで、今回はラッキーだったと思います。ただ職業訓練を紹介していただいている際に担当のスタッフさんがあまり詳細を把握していなかったご様子。正直不安になりました(笑)。日毎に担当カウンターや業務が変更になるのかもしれませんが、業務事にスペシャリストが居てくれると相談する側もされる側も助かる気がするなぁ。

何はともあれハローワークの登録が完了。再就職にむけて本格的にスタートを切りました。

先月から通わせていただいているサポートステーション。以前にも書いた通り、サポートステーションの入居する施設が隣の市にあり、徒歩と電車で片道約1時間半程度かかります。担当していただいているスタッフさんはとても話しやすい方で、30オーバー田舎暮らしのおじさんが挑む前途多難な就職活動において、メンタル面で非常に助かっているのですが、如何せん、約1時間の面談のために往復3時間かかる現実。移動時間をもう少し短縮できたらありがたい。
車があったら随分と楽になるのだろうけれど車を購入する資金がニートにはねぇ(笑)。仮にマイcarがあったとしても身分証明書代わりにとった運転免許。取得してから実際に数回しか運転していない、所謂ペーパードライバーの私に、いきなり片道約30分の一人旅はきつかろう…アルバイトを始めたばかりのフリーターには電車賃も決して安いものではなく、どうにかできんものかと。
そんなとき、在住する市のハローワークまで月に1度出張に来てくれていることを知る。ラッキーである。\(^-^)/先週はその月に1度の機会を利用して、ハローワークまで出張サポートステーションに行ってきました。



にほんブログ村 就職バイトブログ ニートの就職・就職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村


サポートステーションではなるべく本音で話すこと、取り繕うことなくありのままの感情を担当スタッフさんに伝えることを心がけているのですが、上っ面な受け答えに終始してしまい後悔した前回に比べると少しは腹を割って話せたかなと思います。よかったです。


表面的で取り繕った、自分の本音を隠した会話をする癖のある私。家族であろうが友人であろうがカウンセリングの先生であろうがそんな会話しかできないでいたら、いつしか自分の本音・素の感情とやらがわからなくなってしまいました。常に漠然とした「正しさ」ばかりを追い求め、自分の本音には蓋をする…いつも上っ面な会話しかしない相手に人は心を開いてくれませんよね。自分がそのような調子であれば人との距離はいつまでも変わらない。場所を変え、環境を変えても意味がなかったのは当然なのかもしれない。

まずは両親との関係改善…というか、妙な緊張を感じることなく自然と会話や相談ができるようになること。社会復帰(できるのか?)までの課題ですね。そこに変化があれば、自ずと外の世界においても人との関わり方が変わってくるような気がします。

やはり問題の根っこは、“そと”にではなく“うち”にあるのかもしれません。

オフ会の感想の続きの続きの続きです。(._.)読んでいただいてありがとうございます。最後になります。


【2015.10.3~ダメ系(?)ブロガーオフ会に参戦】

~総括~

初めて参加させていただいたわりにはそこまで緊張することなく過ごせたのではないか…と思います。以前から時々拝見させていただいていたブログ主の方々もおり、変な話、初対面という感じがしなかった(一方的に・笑)のが理由の1つかと。また今回参加された多くの方がなにかしら壁にぶち当たっていたり、またその壁を乗り越えた過去があったりして、これまた一方的にではありますが少し親近感が沸き、落ち着いてあの場に居られた気がしました。皆様比較的コミュニケーションが得意でないという自己認識があって反面他者との関わりを欲しているという状況が、普段は縛られてしまいがちな「何か発言しなければ!打ち解けなければならない!」という思考を和らげてくれたのだと思います。

一方で、私自身ある人から「過去の経験に縛られているね。過去~があったから、きっと今回もそうなると思い込んでいるふしがあるよ。例えば過去にいじめられたことがあるから、また今回もいじめられる・人から嫌われると思い込んでいる。その思い込みや疑心暗鬼がそういう状況を自ら招いている気がする。」と指摘されたことがあります。今回オフ会に参加してみてちょっと驚かされたのが、多くの方が話しやすく、また喋りもくどくなくて自然体(いろいろと気を使ってくださった場面が多かったのかもしれません・笑)ということでした。各々ダメ系(?)ブロガーということで共通点があり、ちょっとした仲間意識というか連帯感というか(言葉を知らなくて申し訳ありません)…何かある(笑)と思うのですが、中にはコミュニケーション障害で悩んでいる方もいたと思います。なのであまり肩肘はらずに話せたのには少しびっくり。もちろん今現在、周囲とのコミュニケーションで悩みを抱えているのかもしれません(私を含めて)。ただあまり自分はコミュニケーション障害だと思い悩んだり、また過去の出来事に縛られすぎるのはよくないんだなと勉強になりました。「勉強になりました!」なんて発言しながら、きっとまたすぐに悩んでいそうですけれど(笑)。実際今回のオフ会でも少ししかお話しはできませんでしたが、主催者の河合さんや副幹事的な仕事してくださった青猫さんはもちろん、ジョニーさんやもんきちさん、cさんや元グットウィルの中の人さん、デスモンドさんやちむぐりさんと一言二言会話をさせていただく機会があり、とても話しやすかったですね。ありがとうございました。

やはり行動に移すことって大切ですね。久しぶりの上京で気分転換にもなりましたし、日頃拝読させていただいているブロガーさんたちとお会いできて嬉しかったです。また機会があれば参加してみたいと思いました。主催された河合様、お疲れ様でした。貴重な時間を作っていただきありがとうございました。この場を借りて、御礼申し上げます。m(__)m


にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 就職バイトブログ ニートの就職・就職活動へ
にほんブログ村


追伸:オギクボさんがブログで書かれていた、追加分の割り勘代払い忘れて先に帰宅してしまった参加者の一人は俺です。大変申し訳ございませんでした。m(__)m

このページのトップヘ